元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事A8.net

出版社選びの基準

自費出版でなによりも大切なのが出版社選びです。
個人で本を出版するためには、自分の希望を叶えてくれる業者を見つけることが大切なのです。

→続きの記事を読んでみる
posted by お知らせインフォ 記録の細道 at 15:00 | Comment(0) | 出版会社選び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出版会社選び

自費出版するにはまずは会社選びです。
すぐに頭に思いつくのは出版社か印刷会社だと思います。
しかし他にも自費出版の手伝いをしてくれる会社があります。
それぞれの会社で、サービスや値段が異なってきます。
個人の出版は選ぶ会社によって左右されるのでしっかりチェックしてから会社を決めたいですね。
自費出版090107JPG
まずは出版社です。
会社によって自費出版の扱い方は違いますが、編集者がしっかりとサポートしてくれるため安心です。
有名な出版社であれば、会社のネームバリューという付加価値がつきます。個人で出版するときの強い味方です。
ただし知名度が高い分、費用も高くなってしまうのが難点です。
次に印刷会社です。
印刷会社はどこにでもあり、都会だけでなく田舎でも気軽に出版ができるというのがメリットです。
また出版社とは違いコストも安くできるのが魅力です。
昔は印刷会社だと本のグレードが落ちると言われていましたが、今では専門スタッフのいる印刷会社もあるようです。

そして新聞社です。
新聞社で本が作れるのかと思う人もいるようですが、書籍の出版部門がある会社が多いのです。
そこで自費出版の相談に乗ってもらえます。大手新聞社だけではなく、地方新聞社でも受け付けてくれるのが嬉しいですね。
新聞社も知名度が高いので、費用が高くなります。

最後に自費出版専門会社です。
専門というだけあって、本作りの具体的なアドバイスもしてもらえます。
レベルの高い本ができるのも魅力です。

好きな名前や文字を入れられるオーダメイドギフト

posted by お知らせインフォ 記録の細道 at 07:04 | Comment(0) | 出版会社選び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出版社選び

個人自費出版
出版社選び

自費出版でなによりも大切なのが出版社選びです。
個人で本を出版するためには、自分の希望を叶えてくれる業者を見つけることが大切なのです。
できあがった後のトラブルを防ぐためにも、業者選びには慎重にならなければなりません。
では、どのような出版社を選べばいいのでしょうか。まずは出版社の担当者ときちんと話すことが必要です。
大きな会社だから安心できるという考えは捨てた方がよいでしょう。
即決することはなく、必ず複数の出版社と話をしてから決めましょう。
また自分が気になる出版社があれば、その会社の情報をたくさん集めましょう。
インターネットでもたくさんの情報があります。

次に担当者の対応にも注意しましょう。
質問にきちんと答えてくれる出版社を選ぶ必要があります。
本を書く上で、適切なアドバイスをしてくれるかと言う事も大切になってきます。
自費出版する人の多くが、初めて本を出すという人だと思います。
出版社からのアドバイスは大きな助けになるのです。
迷っていると急に値段を下げてくる会社もあります。
そういう会社はトラブルのもとになりやすいので避けましょう。

迷う原因の一つに各社が出しているサービスがあります。
各社によって、費用もサービスもかなり差が出てきます。
持ち込んだ原稿を校正してくれる会社もあれば、そのまま製本する会社もあります。
一生の記念に残る本だからこそ、満足のいくものに仕上げたいですよね。
本を出すにあたって、個人でできる範囲には限界がありますが自分の望みを極力叶えるために会社選びは大切です。


posted by お知らせインフォ 記録の細道 at 13:54 | Comment(0) | 出版会社選び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。